【転職経験談】名門企業・AGCのキャリア登録とは?実際に応募してみたら

スポンサーリンク
企業紹介
この記事は約6分で読めます。

中小企業庁によると日本には大企業と中小企業をすべて含めて、3,820,338社の企業が存在します(2016年1月、ソース)。このうち、11,110社が大企業に分類されます。

このように約380万社もの企業があれば、面白い採用方式で中途・経験者採用を行う企業があるはずです。

今回は、僕も過去に応募したことがある超巨大企業「AGC(旧:旭硝子)」のキャリア登録という採用について紹介します。

AGCへの転職を考えている人はチェックしてください。

スポンサーリンク

AGCについて

高橋一生さんが出演するCM・広告でお馴染みとなった【旭硝子は、「AGC」へ】というフレーズにあるように、2018年7月から旭硝子改め、AGCへ社名変更しました。

探してみようAGC/瑞風篇アラジンVer. 30秒
AGCのCM

知らない人はいないくらいAGCは日本を代表する総合ガラスメーカーです。東京駅の目の前の新丸ビルに本社があることでも知られています。

全世界にグループ企業210社、従業員5万人超、2017年の売上高は1兆4,635 億円にのぼる超巨大企業です。AGCの事業領域はガラス事業以外にも、電子部材や化学品と多様な事業を展開しています。

事業領域が多岐にわたり、部署の数、職種の数が極めて多いためか、他の企業にはないユニークな採用方式を取り入れています

キャリア登録制度

AGCのキャリア採用サイトを見てみると、募集職種一覧に「キャリア登録」があります。

職種一覧 | AGC株式会社

このキャリア登録について、過去のAGCのサイト上に掲載があった定義を示せば「あなたのキャリアをご登録いただくことで、あなたに適した職種・ポジションがある場合に、選考ステップについての打診を受ける機会を得ることができるコースです。」となります。

企業にとっては、現在は募集をストップしている求人や、公にすることができない非公開求人があった時に便利な制度となっています。

転職希望者は職務経歴書・履歴書などキャリアに関するデータをAGC側のデータベースへ登録しておきます(過去には1年間保管と明文化されていましたが現在は不明)。AGCは、社内の各部門でポジションに空きが生じた時や、人員補充が必要となった時に、また非公開の求人があった時にそのデータベースから相応しい人材を探して打診するという仕組みです。

転職エージェントの仕組みを社内に取り入れたイメージになるかと思います。

通常の中途採用と何が違う

中途採用では、企業側で募集する職種がオープンとなってから転職希望者側は初めて求人へ応募できます。通常、転職希望者が募集可能な求人は「募集中の職種」であって「募集していない職種」についての応募は認められません。

しかし、キャリア登録であれば「現在、募集していない職種に応募される方」も対象としているので、選考時期がいつになるかは不明ですが「募集していない職種」であっても応募ができるということになります

つまり、このキャリア登録は「AGCに興味があったり、AGCでやりたいことがあるならば、職種を募集している、していない関係なく、これまでのキャリアを見て判断するからとりあえず応募書類を送ってみてよ」と言った感じがします。ただし、「キャリア登録は、ご登録いただいたすべての方に選考の機会をお約束るものではありません。 」とサイト上にあるように「自身の経験やキャリアがAGCとマッチングしなければお見送り」となることは忘れてはいけません。

キャリア登録はこんな人に向いている

AGCへ転職したい人にとって、キャリア登録はその可能性を広げてくれる最高の制度です。そういう人は、とりあえず登録してみることをおすすめします。

他にもキャリア登録に向いている人は次のような人たちです。

  • すぐではないけど転職したい人=いい案件があれば転職したい人
  • 自分のスキルを試してみたい人=どの職種がマッチするのか分からず可能性を知りたい人

実際に応募してみたら、結果は!?

応募

僕が応募したのは2015年頃なので古いデータかもしれません。

当時は、郵送で職務経歴書と履歴書を送付することになっていましたが、現在はサイト上のエントリーフォームからの応募に変わっています。

選考結果

応募書類を郵送で送付してから数日後、人事部の方から受領の報告を受けました。

とても丁寧な対応でした。

また、同じメールには自分の興味があった部門の求人が添えられており、もしも応募に意欲があれば詳細を送るということでした。その職種以外はもはやマッチングしないだろうと思っていたので期待した通りの結果でした。

その後、メールで面接の日程調整し、後日、面接を受けましたが、その時は残念ながらお見送りになりました。もしも通過していれば、次は2次面接に加え、研究プレゼンでした。

僕が実際に面接を受けた職種は当時、サイト上で公開がなかった職種です。それにも関わらず、書類を応募してから数日後に打診が届きましたので、何らかの理由で手の内を見せることができない職種についての採用窓口という役目がキャリア登録にはある気がします。

印象的な質問

「もし君が抜けたら今の会社は困らないの?」という質問でした。

なんて答えればいいか、答えに詰まります。

転職をする以上、現職に迷惑がかからないなんてことは絶対にありません。ちょっと意地が悪い質問だったので最初から採る気がなかったのかもしれませんね。

感想・印象

世界最大手のガラスメーカーであるAGCは新卒採用だけでなく、中途採用のレベルも高いのも当然と言った印象です

ただ、キャリア登録の場合、どこで縁があるか分かりません。登録は自由なので、AGCのような大手企業で活躍したい方は登録してみてチャレンジされることをおすすめします。

旭硝子(AGC株式会社)へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?
旭硝子へ転職したい人はいませんか?旭硝子は、世界最大手のガラスメーカーということもあり、かなりの人気企業です。転職難易度も高いですが、きちんと対策をすれば不可能ではありません。この記事では、そんな旭硝子への転職方法についてご紹介しています。転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

他の企業でも採用されている「キャリア登録制度」

キャリア登録制度はAGC以外にも他の企業でも採用されています。

【住友商事】

キャリア登録制度|住友商事株式会社
キャリア採用で入社した社員が日々どんなやりがいを持って働いているか紹介します。

【コニカミノルタ】

キャリア登録とは - キャリア採用情報 | コニカミノルタ
コニカミノルタキャリア採用情報 現在の募集職種にはこちらからエントリー可能です。募集要項、先輩インタビュー、人事部からのメッセージなど掲載。

最後に

僕自身は、このキャリア登録制度は賛成の立場です。

このシステムは中途採用の採用方法として合理的であり、企業側から見ればデータの管理が大変ですがそれ以上のメリットがあります。

応募側にとっても、先入観を取っ払ってAGC側から職種の提案を受けられるため、キャリアの選択肢の幅が広がります。

旭硝子(AGC株式会社)へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?
旭硝子へ転職したい人はいませんか?旭硝子は、世界最大手のガラスメーカーということもあり、かなりの人気企業です。転職難易度も高いですが、きちんと対策をすれば不可能ではありません。この記事では、そんな旭硝子への転職方法についてご紹介しています。転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました