【転職ノウハウ】転職に成功したい人が実践する企業の探し方

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

転職を成功させるためには最初に行う受験する企業探しが肝心だと思っています。

何故ならば、最終的に転職することになる企業もその中にあるはずで、転職活動をしていて出会わなかった企業へ入社することなんてありえません。

少しでも可能性を広げるためにも、転職活動ではより多くの企業に出会うことも大切ですが、こちらから自分に合った企業を探すことも同じくらい大切です。

スポンサーリンク

企業探しは2通りの方法しかない

企業を探す方法には2通りの方法しかありません。「求人を出している企業から探す方法」と「自分が行きたい企業から求人を探す方法」です。

求人を出している企業から探す方法

公開求人から探す

転職サイト、転職メディア、ハローワークなどに公開されている求人広告を見れば、今どんな企業が中途採用を募集しているかが分かります。

数あるサイトやサービスへ登録し、求人を出している企業の中から自分好みの企業をくまなく探していく方法です。

ただし、こうした方法で知ることができる求人というのは「公開求人」であって、それは全求人のなかのわずかでしかありません。

リクナビNEXT

リクナビネクストは、国内最大の転職サイトで、実際に転職した人の約8割が利用するほどのマンモスサイトです。 転職サイトを利用する場合は登録者数が多い大手の転職サイトがおすすめです。登録者数が多いところにはクライアント企業も求人広告を出したくなります。

非公開求人から探す

公開求人に対して自力では絶対に探すことができないのが非公開求人です。

非公開求人とは、転職サイトや企業ホームページなど、インターネット上に掲載されていない、非公開の求人のことを指します。

企業名や募集職種、仕事の内容などを一般に公開していないため、これまで探しても出会えなかった求人が見つかることも。

リクルートエージェント

今、非公開求人を出している企業を探そうと思うと、転職エージェントへ登録するしかありません。非公開求人に関する情報を入手できるのも転職において転職エージェントを利用するべき最大のメリットだと思います。

転職エージェントのコンサルタントに自分の希望する企業、職種、仕事内容をざっくばらんに伝えておけば、現在応募が可能な企業を提案してもらうことができます。

提案された企業の中から自分好みの企業を選ぶ方法になります。

ただ、コンサルタントから提案を受けたということは企業側も自分を採用したい意思が高いという見方もあります。提案された企業の中に自分好みの企業があれば採用される確率は転職サイトなどで探すよりも高いと思っていいと思います。

「自分が行きたい企業」から探す

自分が行きたいと思っている企業や憧れている企業は誰もが持っているかと思います。

既に自分が存在を知っている企業であれば中途採用を実施しているかどうかを調べることは可能です。

ただ、先ほど書いたように求人は公開求人と非公開求人があるので、それが公開されているかどうかの保障はありません。もしも求人が出ていたとしても、それが希望する職種であるかも分かりません。

企業ホームページを確認する

企業名が分かっているならば、この方法が最も簡単です。企業のホームページには、必ずと言っていいほど「採用情報」に関するページがあって、新卒採用と並んでキャリア採用や中途採用の情報ページがあります。

ここに掲載があればいいのですが、そう上手くはいかないものです。

同じ転職でも第二新卒層(新卒から3年以内の20代の方)であれば、新卒採用で再挑戦してみるものも一つの手です

新卒採用でも「卒業から3年以内」や「就業経験不問」などの企業も増えており、多様な人材を求める傾向が高まっています。チェックしてみましょう。

ホームページに求人の掲載がなかった場合は採用に関するお問い合わせフォームから直接企業へ問い合わせてみるのも手です。これもやっている人はやっています。

その場合、節度をもって失礼がないように知りたい求人についてい尋ねてみましょう。

Indeedで検索する

企業は不特定多数の人が閲覧可能なホームページ上に掲載するのではなく、限られた人たち、ここでは転職希望者だけが閲覧できるような転職サイトに情報を掲載する場合があります。

企業の求人広告をサイト横断的に見つける手っ取り早いツールがCMでも話題のIndeedです。

リクナビネクストなど各サイトやサービスを複数登録するのも大変だし、やっぱり限度があります。

そんな課題を克服し、ネット上に存在するさまざまな求人情報を網羅的に探し出し、まとめて表示してくれるのがIndeedということです。

データが膨大なため、ある程度企業名などで絞り込めている時に効果を発揮するサイトだと思います。

非公開求人を探す

これまでの方法では、残念ながら求人が出ていないのか、本当は出ているけど非公開求人で分からないのかがはっきりしません。

求人もタイミングがあります。採用数を充足したからとクローズになる求人もあれば、たまたま募集がかかったばかりのホヤホヤな求人もあります。少し時期をずらしてみると情報が上がるかもしれませんが、待つ時間が勿体ないと思います。

企業の非公開求人を探す唯一の方法というのが「転職エージェント」のコンサルタントから聞き出すということでした。だから、同じように登録した転職エージェントのコンサルタントに「A社の求人ありませんか?」とか、「Bという職種の求人ありませんか?」と言った形でこちらから聞いてみることが必要です。

僕も過去にこの方法で埋もれていた行きたい企業の求人情報を知ることができました。転職エージェントも各社さまざまです。ある転職エージェントでは取り扱いがない企業でも、別の転職エージェントが持っていることもあり得ます。転職エージェントも特色を考慮して、複数社を登録しておくことと可能性も広がります。

ハローワークを利用する

受けたい企業が地元密着の企業であったり、企業規模が大きくない中小企業やベンチャー企業であるならば、その求人情報がハローワークにあることがあります。

企業が自社ホームーページ以外に、転職希望者が目にするような媒体や場所に求人情報を公開するには費用がかかります。

ハローワークにはさまざまな年代、職歴、スキルを持った幅広い転職希望者が集まってきます。企業にとってもコストを抑えて求人を募集できるため、地元密着の企業や中小企業にとっては大きなメリットが享受できるところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました