【転職者向け】筆記試験の定番「SPI3/SPI-G(WEBテスティングサービス)」を見抜いて攻略せよ!

スポンサーリンク
筆記試験対策
この記事は約10分で読めます。

転職活動で使われる筆記試験の種類はさまざまですが、そのなかでもSPIは業界や職種を問わない人気のある筆記試験です。 特に、大手企業からの人気が高く、大手企業への転職を考えている人は絶対におさえておくべき試験の一つでしょう。

今回は、SPIのなかでも受験者が自宅で好きな時間に受けることができる「WEBテスト」である「WEBテスティングサービス」について攻略法を考えていきます。

WEBテスティングサービスの対策は企業から受験案内を受け取ってからでも遅くはありません。そこからでも十分対策は間に合います。

仕事をしながら、転職活動もしながら、筆記試験対策をするということは無茶です。

スポンサーリンク

WEBテスティングサービスの手ほどき

WEBテスティングサービスとは?

先ほども書いたようにWEBテスティングサービスのベースにあるのがSPIです。

SPIは就活を経験したことがある人ならば誰もが知っている今更説明する必要もないほど超有名な試験です。SPIはリクルートが企業向けに販売・提供している筆記試験のパッケージです。

メインは新卒者向けですが、転職者向けのSPIもあります。念のため、SPIについておさらいしておきましょう。

SPIは、国語・算数などの能力を測る「基礎能力適性検査」と、性格の特性を測る「性格適性検査」で構成されています。このうち「基礎能力適性検査」は言語問題と非言語問題に分かれています。言語問題は、基礎的な語彙力や文章の読解力が求められ、「二語の関係」、「語句用法」「長文読解」などのジャンルから出題されます。非言語問題は、基礎的な計算能力、論理的思考が求められ、「比率」「図表読み取り」「確率」「推論」などのジャンルから出題されます。言語も非言語も中学から高校1年レベルの問題がほとんどですが、SPI独特の言い回しなど、対策が必要です。「性格適性検査」は、答えないと性格の傾向を測る尺度が表示されないこともあります。全問解答という心がけで臨みましょう。

(出典:キャリタス就活2019

SPIのWEBテスト版がWEBテスティングサービスです。

WEBテスティングサービスも同じように「基礎能力適性検査(言語と非言語)」と「性格適性検査」から構成されます。

企業や特定の会場で受験者が集まって受けるSPIとは違って、受験案内に記された期日までに自宅のパソコンやネットカフェなどで好きな時間に受けることができるのが大きな魅力です。

新卒者向けとの違いは出題範囲のみ

WEBテスティングサービスも新卒者向けと転職者向けがありますが転職者向けとはどこが違うのでしょうか。

実は、出題範囲が異なるだけで、出題形式などは全く同じです。簡単に言うと、転職者向けが新卒者向けより出題範囲が広くて「やや難しくなっている」のです。

より詳細な話をすると、SPIはターゲットに合わせて4つの試験が存在します。

  • 転職者向けのSPI:SPI-G
  • 新卒者向けのSPI:SPI-U
  • 高卒者向けのSPI:SPI-H
  • 英語検査のSPI:ENG

転職者向けのSPIは「SPI-G」となりますが、新卒者向けの「SPI-U」の出題範囲に非言語の「縮尺」と「方角」が追加されただけです。これだけの差なので不安になる必要はありません。

WEBテスティングサービスを見抜くには

これから色々と試験対策について考えていきますが、その前にこれから受けようとしている試験がWEBテスティングサービスであることを確かめないとなりません

ここでWEBテスティングサービスであることの見極めを誤ってしまうと、せっかく試験対策をしても意味がなくなります。その見極める方法は簡単です。

企業から届いた筆記試験の案内メール文面を見て、WEB試験のリンク先のURLに「arorua.net」の文字が含まれていたら「WEBテスティングサービス」です。

以下に、某企業から僕が受け取ったメール文面を引用します。

◆あなたのIDはXXXXXXXXです。

◆下記URLhttp://arorua.net~(試験を受験するためのURL)

※URLをクリックしても正しく表示されない場合は、URLをコピーし、
ブラウザのアドレスバーにはりつけてください。

◆受検可能期間

XXXX年X月X日 X時XX分 ~ XXXX年X月X日 23時59分

◆検査の所要時間は約65分です。

※事前の環境確認の時間は含まれておりません。

時間に余裕をもって受検いただくことをお勧めいたします。

(ゴンが過去に受け取ったメール本文)

メール文面で書かれているように「受験可能期間」が設定されています。

対策は、受験可能期間中で十分間に合います。

少し長めに設定されているので焦る必要もありません。落ち着いて対策をすることで合格点は狙えます。

僕自身も同じようにメールでWEBテスティングサービスであることを見極め、そこから試験対策を行い、受験した全ての企業で筆記試験を通過しましたので安心してください。

WEBテスティングサービスの受験ルール

WEBテスティングサービスは、企業からその案内を受け取ってから先ほどのメール文面の引用であったように受験可能期間内に受験します。もちろん受験できるのは1回限りです。

出題される問題も決まったものはなく、各ジャンルごとランダムで選ばれて出題されます。

自宅受験のWEB試験ではPCの動作環境等は自己責任になります。

自宅のPCが不調で使いづらく、インターネット環境に不安があるようなら、近くのインターネットカフェなどで受験することをおすすめします。

実際の試験では時間との戦いとなるため、画面のロード時間がかかってしまったり、試験中にフリーズなんてしたものなら目も当てられません。

企業からWEBテスティングサービスの案内が届くと以下の3点が必要な準備物として記載されています 。

◆受験に必要な準備物(能力検査受験の場合のみ)

  • 電卓
  • 筆記用具
  • メモできるもの

試験中は電卓が使えますが、普段から使い慣れたものをご準備ください。自宅以外で受験する場合は、電卓、メモ、ボールペンを忘れずにお持ちください。

WEBテスティングサービスの試験対策

これから受けようとしている試験がWEBテスティングサービスと分かったならば試験対策を行っていきましょう。

仕事をしながら、転職活動をしながらの試験対策になるので十分な時間は取れないかもしれませんが、休憩時間や空いた時間に対策をするだけでも十分です。

対策のポイントはとにかく問題に慣れること

「筆記試験」と聞くと苦手意識を持つ人もいるかもしれませんが、この手の試験は大学受験の試験とは性質が全く異なります。

ポイントは、SPIの独特な問題に慣れてコツを掴むことです。とにかく大量の問題をひたすら解きまくり慣れることが大切です。

解法もパターン化されているので、問題と解法を覚えるくらい反復練習を積むことで合格点はもちろん高得点が狙えます。だから、一度解いた問題でも何度も繰り返し解いても構いません。

SPIのような試験は思考力や知識を試す問題もありますが、それよりも「大量の問題が与えられた時、それを限られた時間内にどう効率よく処理するか」を試す試験であって、その時のストレス耐性なんかを見ようとしています。

まずは冷静に、落ち着いて、最後まで投げ出さず問題を解き続けることが本番の試験では大切です。

対策は対策本1冊をやり終えることで十分

問題に慣れることが対策のポイントでした。解法を覚えるくらいにひたすらに問題を解きまくることが合格への近道です。

では、具体的にどうするか?になりますが、下記いずれかの対策本を1冊または2冊買って、掲載されている問題を何度も繰り返し解くことで対策としては十分です。

新卒の時、SPIのWEBテスティングサービスやテストセンターを受験した経験がある人はその勘を取り戻すだけなので1冊で十分です。それでも不安な方やより高得点を狙いたい方は2冊買ってみると良いと思います。

対策本を買って問題に慣れてみよう

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 516TVpMIOBL._SL160_.jpg です

【テストセンター・SPI3‐G対応】転職者用SPI3 攻略問題集【改訂版】 posted with カエレバ SPIノートの会 洋泉社 2015-04-02 Amazon楽天市場7net

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 51KwHDnbkEL._SL160_.jpg です

新版 転職者向けSPIのすべて一SPI3-G・SPI3-U・テストセンター・CAB・GAB posted with カエレバ 就職情報研究会 実務教育出版 2013-01-22 Amazon楽天市場7ne

もちろんこれ以外の対策本でも構いません。

その時ですが、現在の就職・転職市場で使われているSPIは「SPI3」です。「SPI3」に対応しており、かつ新卒向けと比べて出題範囲が広い「転職者向け」の対策本を選びましょう。

昔、僕は書店で転職者向けWEBテスティングサービスの対策本を買おうと探し回った経験があります。書店には新卒者向けはあっても転職者向けは置いてないことが多いです。

探す手間が勿体ないので、とにかく時間がない人は、ネットショッピングがおすすめです。問題が分かればいいので中古の問題集でも対策としては使えます。

対策本の使い方は反復と苦手分野の集中

僕が実際にやっていた対策本の使い方も紹介します。この流れで対策をすれば短時間でも十分な効果が得られます。

  1. 例題を見て解法を覚える
  2. 練習問題を解く
  3. 答え合わせ
  4. 見直す

一通り対策本の問題を解いてみると、自分の得意分野と苦手分野が見えてきます。得意分野はほどほどに苦手分野を重点的に反復練習すると、段々と問題に慣れていきます。

練習問題を解く時は本番さながらに時間を計りながら対策をしていくと効果は高いです。

合格基準はあってないようなもの

皆、受けるからには合格したいに決まっていますが、どのくらいの正答率であれば合格するとか、合格の基準を設けることは非常に難しいです

ただ言えることは、転職の場合、新卒のように大量の応募者から面接へ進ませる人を絞り込むというように足切りに使われることはありません。転職では、面接での経験やキャリアの面の評価が高ければ、筆記試験の結果が思わしくなくても合格することがあります。

結果の使い方は企業によるので、受験後も一喜一憂せず、合格することを信じて次の面接の対策を行うなど、前向きにいることが大切です。

時間がない人は対策本以外でも対策はできる

最後に、時間がない人は対策本を買って届くまでに日数がかかってしまうのでおすすめできません。

その代わり、SPIの対策にはなりますがWEB上でも対策が可能です。

【2021年卒】SPI 例題・問題をイラストで超分かりやすく解説!(SPI3対応)【Study Pro】
【イラスト解説】非言語が苦手な人も大丈夫!【頻出順・優先度順対策】時間が無くてもOK!【タグ機能】苦手な問題をマーキング!(ログイン不要)【タイマー機能】本番同様の緊張感!(非表示も可)【必要十分な問題数】500問以上の良問を掲載!(市販問題集の2倍以上)必要な機能は全て揃っています!言語・非言語・英語に完全対応!

例えば、上記のStudy Proを利用すれば通勤時間など空いた時間を利用して気楽にSPI対策ができます。他にも類似サイトがありますが、僕はこのStudy Proが圧倒していると思います。最近ではスマホアプリ版も登場し、ますます便利になっています。

対策本を使った対策と組み合わせて苦手分野のみ「Study Pro」を利用するなど、併用することで学習効果を高めることができます。

性格適性検査の対策も忘れずに

性格適性検査では、自分の性格を偽る必要はありませんが、性格適性検査で何が見られているかを確認します。

この性格適性検査では、応募者がその企業の「社風・環境」に合っているか、求める人物像と合致しているか、またはストレス耐性などを総合的に評価しています。

性格適性検査の結果を面接の補助的資料とする企業もあり、過度に自分をよく見せようと嘘偽の選択肢ばかりを選んでしまうと、その整合性が取れなくなり墓穴を掘ることになります。

希望する職種に必要な素質や、その職種で活躍している人はどのような性格をしているか、自分で仮説を立て、その理想の自分物像となったつもりで解答するといいと思いますが、やり過ぎは逆効果です。

筆記試験情報の入手ルート

応募者が多い新卒の就活とは違い、転職の筆記試験に関する情報はほとんどありません。

転職エージェントを活用した情報収集が最も有効だと思います。転職エージェントには求人に関する情報だけでなく、過去の応募者が受けたデータなど選考に関する情報もあります。

その企業を過去に受験された方の情報もあるので、各企業でどのような筆記試験が実施されているかや、その合格基準はどうなのか、など貴重な情報が入手できます。

最後に

いかがでしたか。

マイナビ調査によれば、転職活動で1人が応募する企業数は平均して8.4社になるようです。

【転職活動、何社応募した?】平均応募社数や、選考通過・内定の確率はどれくらい? / 転職ノウハウ / マイナビ転職

どの企業でどの試験が行われているかは実際に受けてみなければ分かりません。新卒の就活とは違い、母集団が少ない転職者向けの情報は限られてしまいます。

極端なことを言えば、8社受ければ8種類の試験を受けることになるかもしれません。この記事で紹介した「WEBテスティングサービス」は数ある筆記試験のうちの1つに過ぎませんが、メジャーな試験に変わりはありません。

記事を参考に自信を持って筆記試験に臨んでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました