転職活動を始める前に知っておきたい「成功へ導く3大原則」!

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

初めて転職活動をする時は不安もありますが、これから始まる転職活動をどう進めるべきか?と悩むと思います。

僕自身も初めは漠然としており、正直何から手を付けたらいいか分かりませんでした。だから、近くにリクルートエージェントのオフィスがあったので訳も分からないまま面談予約して駆け込んだ記憶があります。

今回は、転職活動をこれから始めようとしている人に向けて「転職を成功へと導くための3大原則」をお送りします。

スポンサーリンク

成功に導く転職活動3つの大原則

大原則①:現職は辞めずに行う

今の仕事を続けながら(在職しながら)転職活動を行うことが1つ目の大原則です。

置かれている状況(仕事が忙しく転職活動をするための時間を取れない、平日に休みが取れないなど)にもよりますが、原則、転職活動は今の仕事を辞めずに行います。

その理由は、企業はキャリアの空白期間(ブランク期間)がある人を好まないためです。

次の転職先が決まる前に「転職するから」と先に辞めてしまうと、「嫌なことがあると躊躇いなく簡単に辞めていく人」や「仕事を放り投げてしまうような責任感がない人」と先入観を持たれてしまい、採用されません。

実際、企業が書類選考で見ているのは職歴欄に書かれた内容だけです。正当な理由があっても書類選考の段階では説明さえさせてもらえません。どんな理由があれ、一度作ってしまうと職歴はもう変えることは出来ません。

他の理由としては、仕事を先に辞めてしまうと収入源がなくなります。失業保険もすぐにはもらえません。経済的不安にならないようにしましょう。

大原則②:周りに漏らさない

よく転職は孤独な戦いだと言われます。

それは、「転職活動をしていること」を周りに言えないからです。どんなに仲の良い同僚であっても転職活動をしていることは言わない方が無難です。その人がどこかで転職活動をしていることを打ち明けてしまうかもしれません。

人は噂が好きな生き物です。

「この人は信用できる」と転職のことを話してしまえば、それが噂となって社内で一気に広まり、直属の上司の耳にも入るかもしれません。家族や仕事上一切の関わりがない友人などへ相談することは問題ないですが、社内では絶対に話してはいけません。

「おまえ、転職するんだってな!?」と上司から言われる瞬間のことを想像してみてください。それ以降の社内での肩身が狭くなります。

大原則③:利用可能なものは活用する

転職活動をしていても、仕事は続けなければいけないし、周りにも気兼ねなく相談できない、体力的にも、精神的にも滅入ってしまいます。

そこで、転職活動において頼りになるのが転職エージェントと呼ばれる人たち、そのサービスや企業たちです。

転職エージェントは、転職希望者と中途採用を行いたい企業との間に立って様々なサポートをしてくれます。例えば、「〇〇な仕事がしたい!△△の経験を活かしたい!年収を上げたい!」と具体的な要望を転職エージェントへ相談することで、それらに合致した求人を紹介してもらうことが出来ます。特に、一般の転職サイトには掲載がない「非公開求人(コンフィデンシャル案件)」は転職エージェントにしか求人情報がありません。

他にも、転職に関する相談、応募書類の作成や添削、企業との面接日程の調整、内定後の年収交渉など転職活動の各ステップで必要となるサービスを提供しています。

転職エージェントにとってクライアントは企業です。転職希望者は、転職エージェントの全てのサービスを全て無料で受けることができます。転職エージェントのサービスを受けるためには、各転職エージェントに登録する必要があります。

登録をすると、後日転職エージェントのコンサルタントから登録に必要な面談の案内を受けます(電話面談も選べるため、地方に在住していも構いません)。

転職エージェントに登録してから、このエージェントは自分に合わないと感じたならば転職エージェントのサービスを利用停止することもできます。企業探しの手間が省けるので、個人的には転職活動開始のタイミングで数社の転職エージェントに登録してみて様子を見てみるものもありだと思います。

転職は簡単、けれど成功は難しい

どこかから内定を受け取るという意味では転職は簡単です。

しかし、転職の目的が満たされるような転職を成功と定義するのであれば転職は難しくなります。

転職活動においては次のことを意識します。

  • 転職の目的をはっきりさせて、それが適う企業を選ぶ。
  • 選考に進んだ企業のうち、面接に合格した企業のなかから転職先を決める。
  • 転職先を決める際も、転職先の企業で「転職の目的」を果たすことが出来るかを慎重に考えてみる。

内定を受け取ったとしても「辞退」は可能です。場合によっては「現職に留まる」、「転職しない」という決断をすることも必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました